老眼のトラブルを相談【家でもできる簡単なケア方法】

簡単なケアで改善

困る人

目の周りを温める

老眼は目のピントを合わせる調節機能が衰えることで発症します。誰でも年をとると老眼になりますが、目の周りを温めて血流を良くするとピント調節機能を改善させることができます。家でもできる簡単なケア方法としては蒸しタオルを利用する方法があります。タオルをお湯につけて絞ったり、水に濡らしたタオルを電子レンジにかけて蒸しタオルを作り、10分程度目の上に乗せておくだけです。乗せている間にタオルの温度が下がってしまったら、再度レンジで温めると良いでしょう。毎日行うと目のピント調節を行う毛様体筋の血流が良くなり老眼も改善します。この方法は老眼だけではなく疲れ目などにも効果があります。蒸しタオルを作るのが面倒な場合には、蒸気を発生させて目の周りを温めるアイマスクなども販売されているのでそれを利用すると良いでしょう。10分以上一定の温度が保たれるので、途中で温め直す必要もありません。年をとった人だけではなく若者も老眼になることがあります。スマホ老眼ともいわれ、スマホやパソコンなどの画面と長時間見続けることで毛様体筋が疲労し、一時的にピントが合いにくくなります。こういったスマホ老眼の人も、目を温めてケアすることが有効です。また近くと遠くを交互に見たり、顔を動かさず眼球だけを動かして上下左右を見るなど目の運動をすると毛様体筋を動かすことができるので老眼改善に効果的です。またピント調節機能を改善してくれるルテインやアスタキサンチンなどが入っている食物を積極的に摂るようにするのも良いでしょう。

Copyright© 2018 老眼のトラブルを相談【家でもできる簡単なケア方法】 All Rights Reserved.