老眼のトラブルを相談【家でもできる簡単なケア方法】

小さい字が見えない時に

男性

手軽なものも豊富に

50代前後になってくると、これまで視力がよくメガネやコンタクトレンズの必要がなかった方が、小さい文字が見えにくい、近くのものがぼやけるなど見えにくさを感じるようになってきます。これは老眼の疑いがあり、視力検査での異常はなく、目の病気というわけではありませんが、年齢を重ねることで近くが見えにくくなり、小さい字が読めなくなるという現象が見られます。遠くは普通に見えるので視力矯正をするまでもないという方、近くを見る機会はそれほど多くないという方なら、老眼対策用にルーペを用意しておくと便利です。虫眼鏡タイプのものもありますが、最近はメガネタイプの老眼ルーペも豊富で、見た目のデザインもお洒落なものが増えています。お値段も手ごろなものから、それなりの高級品まで揃っているので予算や老眼の程度に合わせて選ぶことができます。メガネタイプのルーペはかけたまま、両手が空き、利用している姿もはた目から見てスマートに見えます。ブルーライト対応などのタイプもあるので、パソコン画面やスマートフォンが見えにくい方にはおすすめです。より老眼が進んだり、自分の目の状態に合ったものを用意したいなら、メガネ店で検査を行って老眼対策用のメガネを作るのがおすすめです。近視や遠視も混じっているといった方にも最適な状態に仕上がるよう提案をしてもらえるので、検査の手間や作成の時間はかかりますが、より快適な対策をすることができます。

Copyright© 2018 老眼のトラブルを相談【家でもできる簡単なケア方法】 All Rights Reserved.