老眼のトラブルを相談【家でもできる簡単なケア方法】

目の老化を防ぐには

女性

40代から始める予防

老眼は目の老化現象です。加齢により水晶体を支える毛様体筋が衰えることでピント機能が合わなくなり、近くが見えにくくなります。水中で目を開けたようにぼやけてはっきりと見えない一方で遠くが見やすくなるため、近眼と真逆の症状が出ます。一度老眼が進むと改善は難しいいです。老眼を予防する方法として、日ごろから市外線が目に入らないようにすることが重要です。夜行性の動物は暗いところで活動することで、視力が優れていると言われますが、人も暗いとこれでは目に紫外線のストレスが入らないため、目へのダメージが少ないです。一昔前は、暗いところでテレビを見るのは目が悪くなると言われましたが、実は暗いところでテレビを見るのが悪いのではなく、テレビのブラウン管からから発せられる電磁波と画面のチラツキが目に悪かったのです。昔は照明に蛍光灯を使うことがほとんどでしたが、蛍光灯は紫外線を発生するので、蛍光灯を点けてテレビを見るのは最悪な条件でした。現在はハイビジョン画面でチラツキの無いデジタル放送ですので目への負担が少なくなり、照明もLEDが多くなったので安心です。ただ、小さな画面で見たり、明るすぎる環境で見ると目に負担が掛かるため、適度な明るさでお部屋に合ったテレビを置くことが良いでしょう。外出時にサングラスをかけ、目に良いルテインやビタミンの豊富な食事を心がけ、パソコン作業などはブルーライトカット効果のあるメガネをはめましょう。水晶体を支える筋肉も使わなければ衰えるので、遠くを見て近くを見るなど意識して動かすことで老眼を予防することが可能です。40代からこれらに意識して生活すれば老眼を遅らせることが出来ます。

Copyright© 2018 老眼のトラブルを相談【家でもできる簡単なケア方法】 All Rights Reserved.